TEAD TD-RID リモートID(外付け型 発信機)| 2022年6月20日施行 無人航空機の登録制度対応 【5月時下旬発売予定】
TEAD TD-RID リモートID(外付け型 発信機)| 2022年6月20日施行 無人航空機の登録制度対応 【5月時下旬発売予定】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, TEAD TD-RID リモートID(外付け型 発信機)| 2022年6月20日施行 無人航空機の登録制度対応 【5月時下旬発売予定】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, TEAD TD-RID リモートID(外付け型 発信機)| 2022年6月20日施行 無人航空機の登録制度対応 【5月時下旬発売予定】

TEAD TD-RID リモートID(外付け型 発信機)| 2022年6月20日施行 無人航空機の登録制度対応 【5月時下旬発売予定】

通常価格
¥41,382
販売価格
¥41,382
通常価格
¥43,560
売り切れ
単価
あたり 
税込

商品紹介

事前登録期間中(2021年12月20日から2022年6月19日までの間)に登録申請を完了した場合はリモートID機器の搭載は必須ではありません。



概要

2022年6月20日より施行される無人航空機の登録制度に対応した製品です。施行(2022年6月20日)に合わせて義務付けられるリモートID信号の発信に対応した外付けタイプの発信機です。産業機、小型機、ホビーユースを問わず搭載できるよう機器の小型化・軽量化を実現いたしました。

ハイライト

  • 電源/モードスイッチ:電源ON/OFFを切りえます。/リモートID書き込み、発信モードを切り替えます。
  • 動作ランプ:電源、機器状態、モードを点灯、点滅パターンで表示します。
  • 充電ランプ:充電状態を表示します。



  • セキュリティ対策


    ①通信傍受対策

    LE secure connection


    ②鍵の管理

    鍵を暗号化して格納


    ③改ざん・なりすまし防止

    メッセージ認証コード(MAC)付与


    安心安全の国内製造

    製造工場は国際規格であるISO9001(品質マネジメントシステム)を取得した国内工場で、徹底した品質管理の下で製造しています。


    ※TEAD リモートID カタログより抜粋(https://www.tead.co.jp/product/remote-id/


    ※製品は開発中であり、仕様等につきましては変更となる場合がございます。



    SPEC

    無線方式 Bluetooth 5.1 Low Energy(GPSモジュール内蔵)
    周波数 2402~2480MHz
    送信電力 5dBm
    動作時間 約6時間
    電池 LiPo充電池 (充電時間 約2時間、micro USB充電)
    防塵・防水 IP54相当
    仕様環境条件 -10~-50℃ 湿度90%以下
    サイズ・材質 40×30×14mm(ポリカーボネート)
    重量 12g
    飛距離 300m以上(地上見通し)
    規格適合 日本電波法認証(予定)



    リモートIDに関する国土交通省のサイトは無人航空機 登録ハンドブック」(PDF)はこちら

    国土交通省サイト掲載の「無人航空機 登録ハンドブック」(PDF)はこちら。

    x