DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】

DJI Mic 【2022年5月20日発売予定】

通常価格
¥36,630
売り切れ
税込

概要

  • 伝送距離250 m
  • デュアルチャンネル録音
  • 最大14時間の内蔵ストレージ
  • ポータブル&コンパクト
  • 幅広い互換性
  • 15時間のバッテリー駆動時間



DJI Mic

もっとリアルに、さらにクリアに


DJI Micを使用すると、あなたの動画クオリティーにあった音声を簡単に録音できます。迫力のある音声で、さらに1つ上のレベルの映像を制作したいクリエイターにとっては、理想的なマイクです。最大250 m先からでも、極めて高品質の音声を収録でき、デュアルチャンネル録音で記録できます。電源を入れて、接続するだけで、どこでもクリアな音声を録音します。

高品質オーディオ


DJI Micは、原音に忠実な録音が可能で、高音から低音まで幅広い音域で正確に再現します。それぞれのチャンネルで別々に録音することもでき、また、2つのチャンネルの音声を組み合わせ、ポストプロダクション工程において柔軟な編集を行うこともできます。

内蔵タッチ画面&内蔵ストレージ


レシーバーのタッチ画面では、チャンネル選択、入力・出力の設定、他の必要性の高い操作を行うことができます。どちらのトランスミッターにも、最大14時間分の音声が録音できるストレージが内蔵され、録音ファイルのバックアップがとれるので、音声のフレーム落ちや紛失などの問題が生じても安心です。[2]

ワイヤレス伝送

たとえ、複雑な環境でも、クリアで途切れない音声をお楽しみいただけます。

トランスミッターとレシーバー間の通信には強力なワイヤレス伝送を使用し、長距離でも音の遅延を抑えつつ、安定した音声を維持します。


伝送距離250 m


DJI最新の暗号化技術を使用したDJI Micは、最大250 mの距離からでもクリアな音声を録音します。

便利な無線接続


DJI Micのマイクシステムは、2.4GHzの周波数帯を使用して安定した接続を実現するため、録音中、自由に動くことができ、臨場感あふれる音声を記録することができます。

パワフルな耐干渉性


最適化された無線伝送システムにより、列車の行き交う駅のホーム、ショッピングモール、オフィスといった場所でも、安定したオーディオストリーム伝送を実現します。


ウェアラブル&ポータブル


DJI Micは、トランスミッターの背面クリップや、クリップマグネットを使って、着ている服のどこにでも装着することができます。

重量もわずか30 gなので、簡単に装着することができ、装着感も快適です。

装着して、すぐに録音開始


トランスミッターの背面クリップを使えば、すぐに洋服や他のものにも装着することができます。

磁石で簡単接着


背面クリップを使うことのできない服を着ているときでも大丈夫。クリップマグネットを使えば、マグネットの磁力でトランスミッターを装着できます。 ホットシューアダプターを使用して、一眼レフカメラやミラーレスカメラ、スマートフォンブラケットにレシーバーを取り付けることができます。 高い互換性

かんたん取り付け


ホットシューアダプターを使用して、一眼レフカメラやミラーレスカメラ、スマートフォンブラケットにレシーバーを取り付けることができます。



高い互換性

異なるデバイスを持っている場合、その入力アダプターも異なる場合があります。

しかし、DJI Micは多くのアダプターに対応しています。レシーバーには、USB-C、Lightning、3.5mm TRSのポートがあり、スマートフォン、カメラ、ノートパソコンのメジャーな機種のほとんどと互換性があります。

DJI Mic 充電ケース


充電ケースは携帯性抜群で、DJI Micを収納するのに完璧なホームとなります。

このケースで、トランスミッター2個とレシーバーを充電でき、各部品の収納も簡単で、ケースから出せば、すぐにシステムと高速でペアリングします。

長時間バッテリー駆動


コンテンツ制作のニーズを満たすデバイスをお探しなら、1日中音声録音できるDJI Micがオススメです。トランスミッターは5時間半、レシーバーは5時間のバッテリー駆動時間があり、充電ケースで充電すれば、最大15時間まで使用することができます。[3]

すぐに繋がるペアリング


トランスミッターもレシーバーも、充電ケースから取り出すと、すぐに自動的にペアリングされます。初期セットアップを完了するだけで、すぐに素晴らしい音質で録音することができます。



抜群な機能性

Safety Track


2つ目の音声トラックをバックアップ用として、音量を-6 dB下げた状態で録音します。 これにより、音割れ・音飛びなどの問題が起きてしまい、メイントラックのデータが使用できない場合でも、音声データを確保でき安心です。

柔軟なゲイン調整


入力と出力の感度を-12dB~12dBで調整でき、現在の環境に合わせて完璧な設定を行います。

マイクウインドスクリーン


風切音や周囲のノイズを効果的に抑えつつ、クリアな音声を録音できます。



SPEC

DJI Mic トランスミッター

モデル AST01
サイズ 47.32×30.43×20.01 mm
重量 30g
無線モード GFSK 1 Mbpsと2 Mbps
EIRP(実効輻射電力) <20 dBm
動作周波数 2400〜2483.5 GHz
バッテリータイプ LiPo 1S
バッテリー容量 320 mAh
バッテリー電力量 1.23 Wh
バッテリー電圧 3.85 V
充電温度範囲 5℃〜45℃
動作環境温度 -10℃~45℃
充電時間 70分
動作時間 5.5時間

DJI Mic Transmitters

Power Consumption 200 mW

DJI Mic レシーバー

モデル ASR01
サイズ 47.44×32.21×17.35 mm
重量 24.9g
無線モード GFSK 1 Mbpsと2 Mbps
EIRP(実効輻射電力) <20 dBm
動作周波数 2400〜2483.5 GHz
バッテリータイプ LiPo 1S
バッテリー容量 320 mAh
バッテリー電力量 1.23 Wh
バッテリー電圧 3.85 V
充電温度範囲 5℃〜45℃
動作環境温度 -10℃~45℃
充電時間 70分
動作時間 5時間

DJI Mic Receiver

Power Consumption 200 mW

充電ケース

モデル ASB01
サイズ 103.06×61.87×41.50 mm
重量 162.2g
バッテリータイプ LiPo 1S
バッテリー容量 2600 mAh
バッテリー電力量 10 Wh
バッテリー電圧 3.87 V
充電温度範囲 5℃〜45℃
動作環境温度 5℃〜45℃
充電時間 2時間40分
動作時間 最大1.8回、3つのモジュールを同時に完全充電します。

Charging Case

Power Consumption 60 mW(no module is charged after powering on)
1 module is charged(2500 mW)
2 modules are charged(5100 mW)
3 modules are charged(7900 mW)

一般

マイクの録音方向 全方向
周波数応答 ローカット オフ:50 Hz〜20 kHz
ローカット オン:150 Hz〜20 kHz
最大音圧レベル (SPL) 114 dB SPL
最大入力レベル (3.5 mm) -17 dBV (THD < 0.1%)
等価ノイズ 23 dBA
モニターインターフェース出力電力 最大出力 22mW@1kHz、32Ω



FAQ

DJI Mic

DJI Micはどのデバイスと一緒に使用できますか? DJI Micは、カメラ、スマートフォン(LightningとUSB-Cのみ対応)、パソコン、DJI Action 2、そしてDJI OM 5などと使用できます。
DJI Micをアクティベーションする必要がありますか? DJI Micは、アクティベーションしなくても使用できる状態で出荷しています。DJI公式サイトで登録すると、保証期間を1年間延長できます。
DJI Micは暗号化技術に対応していますか? DJI独自の暗号化技術に対応しており、安心のオーディオ伝送を実現します。
Safety Track(バックアップ録音)の機能を教えてください。 この機能を起動すると、突然音源の音量が上がったことによるメイントラックの音割れなどの問題が起きた場合に備え、バックアップ用の音声をメイントラックの音量から-6dBで別途録音します。
モノラルとステレオの違いを教えてください。 DJI Micは、ステレオとモノラルの2つの録音モードに対応しています。 ステレオ (S)モードでは、2つのトランスミッターから別々のチャンネルを介して音声が録音されます。モノラル (M)モードでは、1つのチャンネルを介して音声が録音されます。
充電ケースを使って、トランスミッターとレシーバーを完全充電するには、どのくらい時間がかかりますか? また、充電ケースを完全充電する場合、どのくらい時間がかかりますか? 室温では、充電ケースを使ってトランスミッターとレシーバーを完全充電するには、約1時間10分かかります。充電ケースを完全充電するには、約2時間40分かかります。

DJI Mic 背面クリップ&クリップマグネット

背面クリップとクリップマグネットは繰り返し使えますか? はい。
背面クリップとクリップマグネットの磁気は、銀行カードに影響しますか? 本製品のモジュールやアクセサリー類にはマグネットを使用したものがあります。DJI Mic 背面クリップやクリップマグネットを、銀行カード/ペースメーカー/RAMチップ/ハードディスクなどに近づけないでください。
DJI Mic 背面クリップとクリップマグネットを使用する時、気をつけなければいけないことは何ですか? 1. セーターやダウンジャケットなど、厚みのある衣類を着ているときには使用しないでください。磁気による取り付けが弱くなり、トランスミッターが落下する恐れがあります。 2. ジャンプや回転のような、激しい動きの最中に使用する際は、使用に注意してください。

DJI Mic トランスミッター

DJI Mic トランスミッター、レシーバー、充電ケースを充電するには、どの充電器を使用すればよいですか? また、急速充電に対応していますか? 5V/2A USBアダプターのある充電器を使用して、トランスミッター、レシーバー、充電ケースを充電することをおすすめします。室温では、充電ケースを使ってトランスミッターとレシーバーを完全充電するには、約1時間10分かかります。充電ケースを完全充電するには、約2時間40分かかります。
DJI Mic トランスミッターをどこに取り付けられますか? 背面クリップを使って、DJI Micをシャツの襟などに取り付けたり、クリップマグネットを使って、衣類の他の場所に取り付けたりすることができます。 注:トランスミッターを平らな場所に置く場合は、コンボに同梱されたクリップマグネットを使ってトランスミッターが垂直に立つようにしてください。
DJI Mic トランスミッターはどのようにして音声信号を受信しますか? 指向性録音ですか、無指向性録音ですか? 無指向性録音です。
DJI Mic トランスミッターとレシーバーのファームウェアの更新方法を教えてください。 1. ファームウェア更新パッケージをDJI公式サイトのダウンロードページからダウンロードします。
2. 標準USB-Cケーブルを使用して、トランスミッターとレシーバーをパソコンに接続します。
3. ダウンロードしたファームウェア更新パッケージ(拡張子binがついたファイル)を、トランスミッターとレシーバーのルートディレクトリに保存します。
4. パソコンとの接続を切断すると、トランスミッターとレシーバーは自動でファームウェア更新を実行します。
注:更新できない場合は、ファームウェア更新パッケージを再度ダウンロードして同じディレクトリに保存し、トランスミッターとレシーバーを再起動してください。ファームウェアが更新されるまで、これを繰り返してください。
DJI Mic レシーバーの最大受信距離を教えてください。 干渉のない開けた場所で、250 mです。
トランスミッターとレシーバーのリンク方法を教えてください。 DJI Mic トランスミッターとレシーバーは、デフォルトでリンク済みです。再度リンクする必要がある場合、以下のどちらかの手順でリンクしてください。
方法 1:トランスミッターとレシーバーを充電ケースに入れると、自動でリンクします。
方法 2:レシーバーとトランスミッターの電源を入れます。レシーバーの画面を下にスクロールし、コントロールセンターページに進みます。左にスライドし、[Setting](設定)をタップして、設定ページに入ります。再度左にスライドして、[Link](リンク)をタップして、リンクページに入ります。その後、トランスミッター側面にあるリンクボタンを、トランスミッター左上のリンクインジケーターが緑色に点滅するまで、長押しします。そのまま、リンク完了するまでお待ちください。トランスミッターのリンクインジケーターが緑色点灯に変わったら、リンク完了です。
リンクを終了するには、[Stop Linking](リンクを停止)をタップします。
トランスミッターは、単体での録音に対応していますか? 対応している場合、最大録音時間は何ですか? はい、DJI Mic トランスミッターは単体での録音に対応しています。トランスミッターの側面にある録音ボタンを押します。赤色点灯は録音が開始したことを示します。完全に充電されている場合、最大で5.5時間駆動します。バッテリーが続く限り、トランスミッターは最大14時間分の24bitロスレスオーディオを録音できます。
注:トランスミッター単体での録音中、音声は30分毎に1つのファイルとして保存されます。内部ストレージの容量がなくなった場合は、最も古いファイルに新しい音声ファイルを上書きします。新しいファイルも30分毎に保存されます。
DJI Mic トランスミッターから音声をエクスポートする方法を教えてください。 標準USBケーブルを使って、トランスミッターをパソコンに接続して音声をエクスポートします。
トランスミッターをミュートにする方法を教えてください。 トランスミッターをレシーバーにリンクした後、レシーバーのメイン画面を上にスライドし、マイクアイコンをタップし、トランスミッターのミュートをオン/オフにします。トランスミッターのミュートボタンを2回押して、ミュートにすることもできます。ミュートインジケーターが赤色に点滅すると、トランスミッターがミュートになっていることを示します。
DJI Mic トランスミッターをスマートフォンやパソコンに接続して、音声を受信することはできますか? もし、必要ならどのようにすれば良いですか? いいえ。
DJI Mic トランスミッターの内部ストレージについて教えてください。トランスミッターは、ストレージとして外部SDカードを使用できますか? DJI Mic トランスミッターには、8GBの内蔵ストレージがあり、外部ストレージには対応していません。
DJI Mic トランスミッターから音声を削除する方法を教えてください。 トランスミッターをパソコンに接続することで、音声ファイルを削除できます。 レシーバーを使って、フォーマットすることもできます。 DJI Mic トランスミッターのストレージ容量の残り少なくなった時は、古いファイルに新しいファイルを上書きします。
DJI Mic レシーバーは、XLRコネクターを介して音声を伝送するデバイスと互換性がありますか? いいえ。
DJI Mic トランスミッターは、サードパーティ製のワイヤレスマイクレシーバーと互換性がありますか? いいえ。このトランスミッターは、DJI Mic レシーバーとのみ互換性があります。
トランスミッターにウィンドスクリーンを装着する方法を教えてください。 トランスミッター上のスロットにウィンドスクリーンを取り付け、押しながら時計回りに回して、しっかりと装着します。

DJI Mic Transmitters

DJIマイクレシーバーの受信遅延はどれくらいですか? ラボ環境での受信遅延は約15ミリ秒と測定されましたが、これは基本的に無視できます。

DJI Mic レシーバー

DJI Mic レシーバーは、DJI ワイヤレスマイクやサードパーティ製トランシミッターと接続することはできますか。 いいえ。 DJI Mic トランスミッターのみと互換性があります。
レシーバーは、何個のトランスミッターと接続できますか? 最大2個のトランスミッターと同時接続できます。
DJI Mic レシーバーをスマートフォン、カメラ、パソコンと接続する方法を教えてください。 スマートフォンと接続:標準スマートフォンアダプターを、トランスミッターの底部にあるポゴピンポートに挿入して、スマートフォンと接続します。スマートフォンで動画撮影または録音を開始すると、レシーバーも動作を開始します。
カメラと接続:ホットシューアダプターを使って、レシーバーをカメラの上に取り付けます。3.5mmのカメラ接続ケーブルを使って、カメラのマイクポートとレシーバーの3.5 mm音声出力ポートを接続します。その後、カメラで動画撮影を開始すると、レシーバーも動作を開始します。
パソコンと接続:標準の充電ケーブルを使って、DJI Micとパソコンを接続し、音声入力設定ページに進み、関連設定を行います。
DJI Mic レシーバーが2つのトランスミッターと同時接続している場合、音声が録音されるのは、同じチャンネルですか、異なるチャンネルですか? Mモードでは、2つのトランスミッターで捉えた音声が1つのチャンネルで録音され、Sモードでは、音声は左右の2つのチャンネルで録音されます。
録音中、どのようにして音声をモニタリングできますか? モニタリング音量を調整できますか? トランスミッターとレシーバーをリンクして、3.5mmイヤフォンジャックを、DJI Mic レシーバーの3.5mmモニタージャックに接続すれば、モニタリングを開始できます。モニタリング音量を調整することもできます。レシーバーのメイン画面を下にスライドし、設定ページに入ります。左にスライドして、[Monitor Gain](モニターゲイン)をタップして、音量を調整します。
トランスミッターとレシーバーの通信プロトコルな何ですか? 2.4GHz プライベートプロトコルです。
DJI Micの受信モードである、M/S/Msモードの違いを教えてください。 S:ステレオ
M:モノラル
Ms:Safety Track(バックアップ録音)がオン状態のモノラル
注:Safety Track(バックアップ録音)を使用する場合、ポストプロダクション工程で、音声トラックを切り離す必要があります。
レシーバーの画面をロックする方法を教えてください。もし、必要ならどのようにすれば良いですか? 電源ボタンを1秒押すと、レシーバーの画面をロックでき、画面にロックアイコンが表示されます。電源ボタンを再度押すと、画面のロックを解除できます。
DJI Mic レシーバーをスマートフォンに接続中、スマートフォンで音声を再生できますか? いいえ。しかし、スマートフォンを外部のBluetoothデバイスに接続すれば、音声を再生できます。
DJI Mic レシーバーがスマートフォンアダプター (Lightning)を介してiPhoneに接続されている場合、ステレオモードに対応しますか? いいえ。

アクセサリー

DJI MicのUSB-CまたはLightningアダプターは、DJI Pocket 2のアダプターと交換可能ですか? いいえ。
DJI Micのウィンドスクリーンは、DJI Pocket 2のウィンドスクリーンと交換可能ですか? いいえ。
x