CAME-TV KUMINIK8 ワイヤレス ヘッドセット 片耳7個+ハブ | 最大範囲450m Wireless Headset / KUMINIK8-7-EU

CAME-TV KUMINIK8 ワイヤレス ヘッドセット 片耳7個+ハブ | 最大範囲450m Wireless Headset / KUMINIK8-7-EU

通常価格
¥195,883
販売価格
¥195,883
通常価格
¥230,450
売り切れ
単価
あたり 
税込

CAME-TVワイヤレスヘッドセットの技適・PSE対応日本向け正規品です。最大動作範囲450mで類似品とくらべて価格と音質のコストパフォーマンスに優れています。ドローン飛行や建築・工事現場、スタジオ等離れたメンバー同士の迅速かつ正確な相互連絡が可能になります。マイクブームの上げ下げでミュートONOFF切り替え可能。



概要

  • ベストセラーのCAME-TVWaeroヘッドセットコミュニケーターから拡張された新しいKuminik8ワイヤレスヘッドセットは、最大のプロジェクトに取り組む間、チームの同期を維持するためのもう1つのオプションです。 Kuminik8ヘッドセットは、より柔らかいパッドとさらに柔軟なワイヤーフレームデザインにより、さらに快適になります。新しいKuminik8ワイヤレスヘッドセットの寿命を延ばすために、傷み(イヤーパッド、ヘッドパッド、フォームマイクカバーなど)が発生した場合は、小さな部品の多くを交換できます。

  • コミュニケーションが鍵です!チームがイベント、スポーツ、コンサートをカバーするために会場全体に広がるとき、チームの全員が何をしているのかを正確に知ることが重要です。これらのワイヤレスヘッドセットは、チームの全員が自然な会話(同時に話す)ができる全二重通信を可能にします。これらのハンズフリーコミュニケーターはプッシュツートークボタンを必要とせずに機能するため、ジンバル、フライ、またはドローンに手をかざすことができます。ワイヤーや身に着けているパックは必要ありません。ヘッドセットの電源を入れて通信を開始するだけです!

  • 2つのオーバーイヤースタイルで利用可能-シングルイヤーパッドとダブルイヤーパッド。複数のカメラアングルでプロジェクトに取り組んでいる場合、これらのヘッドセットを使用すると、すべてのカメラオペレーターとの明確なコミュニケーションを維持できます。ダブルイヤーパッドは、音楽コンサートやスポーツイベントなどの騒々しい会場に最適です。シングルイヤーパッドモデルは、結婚式など、周囲の人の声を聞く必要があるプロジェクトに最適です。

  • 標準キットは、1つのマスターヘッドセットを使用して2〜4人をサポートするために利用できます。 2番目のマスターとして機能するHUBを追加して、グループにさらにリモートヘッドセットを追加することで、チームをさらに拡大できます。

  • ハイライト

  • 複数台のワイヤレスヘッドセットのセット品です
  • バッテリースタイルはNB-6Lスタイル
  • ヘッドセットは折りたたみ式です
  • 耐久性のあるハードケースに入っています
  • マイクアームを上に動かしてミュートし、下に動かして話します

  • Note

  • 技適認証・PSE対応のCAME-TV 「KUMINIK8」日本正規品取扱はTohasen Robotics株式会社が日本初です。
     ※弊社流通以外の並行輸入品はEU版、US版の可能性がございます。ご注意ください。
  • 2022年5月下旬頃 メーカー出荷開始予定です。


  • SPEC

    型番 CAME-KUMINIK8
    標準方式 DECTテクノロジー、GAP互換
    通信距離 オープンスペースで最大450メートル(1500フィート)
    連続通話時間 マスター10時間、リモート13 時間
    チャネル帯域幅 1.728 MHz
    変調タイプ GFSK
    伝送速度 1.152 Mbps
    同時送受信方式 時分割複信(TDD)
    周波数帯 1.78-1.93G
    バッテリー容量 1000mA


    シングル イヤーパッド

    周囲環境の音にも気を配れる、シングル イヤーパッド仕様。※別途デュアル仕様もあり。





    通信距離

    ハブを中心とした最大450mの範囲内で、それぞれのリモートは通信できます。




    ミュート機能

    マイクの上げ下げだけでミュートONOFFできます。



    ミュート ON


    マイクを上げる。他の人の話は聞こえますが、こちらの声は聞こえません。

    ミュート OFF


    マイクを下げる。お互いに話すことができます。





    同梱物

    バッテリーは手に入りやすいCANON NB-6Lタイプです。
    ※充電器・バッテリーの画像は海外版の同梱品画像であり、日本向け製品に同梱される同梱物とは外観等異なる場合がございます。



    CAME-TVヘッドセットシステムのFAQ


    ソリューションオプション

    どんなモデルがありますか? WaeroとKuminik8の2つのシリーズヘッドセットがあります。
    Waeroにはシングルイヤーパッドがあり、KUMINI8にはシングルイヤーパッドとダブルイヤーパッドの2つのスタイルがあります。
    各ヘッドセットは、使用分野に応じてEUバージョンとUSバージョンで利用できます。 各タイプのヘッドセットは、2/3/4/7/9ピースキットのパッケージで入手できます。
    EUまたはUSバージョンを選択する必要がありますか? 米国とEUのバージョンの主な違いは、周波数です。ヘッドセットが国の緊急事態やその他の重要な周波数に干渉しないようにするためです。 米国は米国、EU諸国はEUです。他の国では、周波数の使用に関する規制がない場合、どちらのバージョンも使用できます。
    WaeroヘッドセットとKuminik8ヘッドセットの違いは何ですか? 送信範囲:
    Waero:366メートル、1200フィート(オープンスペース)
    Kuminik8:450メートル、1500フィート(オープンスペース)

    防水:
    Kuminik8は防滴機能を有しています。
    WaeroヘッドセットはKuminik8ヘッドセットと互換性がありますか? はい、すべてのワイヤレスコミュニケーターモデルを相互にペアリングして柔軟に使用できます。


    特徴

    ヘッドセットはどのように機能しますか? この通信システムのコアは、マスターヘッドセットとリモートヘッドセットのペアリングです。マスターヘッドセットは最大3つのリモートヘッドセットとペアリングでき、リモートヘッドセットはマスターヘッドセットとのみペアリングできます。

    *マスターヘッドセットをリモートヘッドセットとして使用することはできません。*

    ハブのない通信システム:
    1つのマスターヘッドセットを最大3つのリモートヘッドセットとペアリングして、合計4つのヘッドセットにすることができます。
    ハブを備えた通信システム:
    1つのマスターヘッドセットとハブは、最大8つのリモートヘッドセットとペアリングでき、合計9つのヘッドセットになります。3.5mmヘッドホンケーブルを外部接続することで、ハブを10台の通信ユニットを備えたコミュニケーターに変換することもできます。
    ワイヤレスヘッドセットは15人のチームで機能しますか? はい、2つのハブを追加することで15人のチームで機能しますが、ハブの数が増えると通信品質と距離が低下します。
    ヘッドセットにはどのような種類のバッテリーが使用されていますか? 使用する電池は一般的なNB-6L電池で、通常は現地で簡単に購入できます。
    バッテリーはどのくらい持ちますか? マスターヘッドセット10時間
    リモートヘッドセット13時間
    9個のキットを2つのグループに分けることはできますか? はい。ハブのリモートユニットボタンを押してハブとマスターヘッドセットを切断すると、2つのヘッドセットグループを別々に動作させることができます。1つのグループは、2つのリモートヘッドセットが接続されたマスターヘッドセットであり、もう1つのグループは、ハブに接続された6個のヘッドセットです。


    使用環境:

    1つの部屋で同時に使用できるワイヤレスヘッドセットのキットはいくつですか?屋外の場所はどうですか? 狭い場所で屋内で使用する場合は、3つ以上のキットを同時に使用しないことをお勧めします。 屋外での使用に制限はありません。
    騒がしいコンサートなどのライブイベントでヘッドセットを使用できますか? はい。干渉を環境から隔離できるデュアルイヤーマフを備えたKuminik8デュアルイヤーキットをお勧めします。


    ヘッドセットオプションの組み合わせ:

    2個/ 3個のキットにヘッドセットを追加して4個のキットまたは7個のキットに組み合わせることができますか? はい、対応するバージョンのリモートヘッドセットを購入し、マスターヘッドセットとペアリングして、4個のキットに組み合わせることができます。
    4個以上のヘッドセットが必要な場合は、ハブも必要です。再ペアリングした後、それらを7個のキットに組み合わせることができます。
    4個のキットから9個のキットを作成するにはどうすればよいですか? 対応するバージョンのリモートヘッドセットとハブを購入して、9個のキットに再ペアリングできます。
    2個/ 4個のキットを8個のキットに組み合わせることができますか? いいえ、4個以上のヘッドセットを組み合わせる場合は、ハブが必要です。ハブを追加すると、1つのマスターヘッドセットと6つのリモートヘッドセットを組み合わせて、合計7つのヘッドセットを作成できます。



    購入後

    ヘッドセットがどのグループに属しているかを知るにはどうすればよいですか? 各ヘッドセットは、ハブ上の1つのインジケータライトを示します。バッテリーを取り出すと、インジケーターライトが1つ消灯します。
    ハブまたはマスターヘッドセットのデータをクリアするにはどうすればよいですか? マスターヘッドセットまたはハブのペアリングモードをアクティブにします。その後、ヘッドセットでペアリングトーンが聞こえたら、音量ボタンを放し、中央のボタンをすばやく7回押し、30秒待ってからバッテリーを取り外し、バッテリーを再度取り付けて起動します。

    HUB登録情報をクリアする手順:

    1. 最初にキーを押し続けます。
    2. インジケーターライトがゆっくりと青色に点滅するのを待ってから、7回続けて押します。
    3. 数秒後、インジケーターライトがすばやく点滅し、削除が成功したことを示します。

    リモートとマスターの登録情報をクリアする手順:HUBの手順と同じですが、キーが「音量+」と「音量-」ボタンに置き換えられています。


    グループAがグループBと通信できない場合はどうすればよいですか ステップ1:ハブの中央のボタンを短く押します。

    グループAの3つのヘッドセットLEDインジケータがすべて点灯していて、グループBと通信できない場合は、HUBの中央にある機能ボタンが接続をブロックしている可能性があります。解決策は非常に簡単です。このボタンを短く押すと、両方のグループのA&B通信を復元できます。



    ステップ2:データをクリアして修復します。

    上記の操作(手順1)で問題が解決しない場合は、グループAのマスターが2つ以外の3番目のリモコンとペアリングされているため、マスターのペアリングデータをクリアして再度ペアリングする必要があります。次のように実行します。

    1. リモート準備---グループAの青いライトが付いた2つのスレーブのバッテリーを取り出し、マスターにバッテリーを取り付けます。
    2. マスターの準備---両方の音量ボタンを同時に3〜5秒間押すと、ホストがペアリングモードになり、ヘッドセットでペアリングトーンが聞こえた後、LEDインジケーターが点滅し始め、音量ボタンを放してすばやく押します真ん中のボタンを7回押し、30秒待ってから、ホストバッテリーを取り外し、バッテリーを再度取り付けて起動します。
    3. マスターはペアリングモードに入り、インジケーターライトがすばやく点滅するまでハブの中央のボタンを押し続けます。ホストとハブはペアリングモードに入り、数秒待ちます。ペアリングが成功するとビープ音が鳴ります。
    4. グループAのリモート1にバッテリーを取り付け、ペアリングモードに入り、マスターとペアリングします。ペアリングが成功すると、リモート2は上記のペアリング操作を繰り返します。
    グループBの6つのリモコンとHUBのペアリング

    リモートの準備---グループBの6つのリモコンの電池を取り出し、HUBに電池を取り付けて開始します。
    左側の3つのリモコンをペアリングします

    1. 左ハブのデータをクリアする---ハブの左ボタンを長押ししてペアリングモードに入り、インジケーターライトがすばやく点滅した後、左ボタンを7回続けて押します
    2. もう一度左ボタンを長押ししてペアリングモードに入り、イヤホンの1つを取り出し、バッテリーを取り付け、ヘッドフォンの電源を入れた後、2つの音量キーを同時に押し続けてペアリングモードに入ります。約5秒間待つと、ペアリングが成功するための音声プロンプトが表示されます。
    3. リモート2とリモート3について、手順2を繰り返します。3つのヘッドホンが正常にペアリングされると、左側のハブファンクションキーの3つのインジケーターが同時に点灯します。ペアリングは成功しました。
    6つのリモートヘッドセットすべてがペアリングされているが、左側の3つのヘッドセットがマスターまたは他の3つのリモートヘッドセットを聞くことができない場合は、ハブの左側の機能ボタンを短く押して、接続されているかどうかを確認できます。 右側の3つのイヤホンは、左側と同じようにペアリングされています。 ペアリングが完了したら、9個のヘッドホンのインジケーターが点灯しているかどうかを確認し、ハブのインジケーターがすべてオンになっているかどうかを確認します。

    グループが同時に通信できない場合は、ハブのファンクションキーを短く押して通信を再開できます。

    4個のヘッドセットキットにヘッドセットを追加したい場合はどうすればよいですか?4個のキットをベースに9個のグループを作りたい場合など。 まず、ハブを1つ追加し、リモートヘッドセットを5つ購入する必要があります。
    ペアリングの手順は次のとおりです。
    1. HUBとマスターA、およびキット4の別の1つまたは2つのリモートヘッドセットの電源を入れます(重要:キット4のリモートヘッドセット(ヘッドセットDとしてマーク)が少なくとも1つあり、電源がオフで、バッテリーが取り付けられていないことを確認してください)。
    2. 青いライトが点滅するまでHUBの中央のボタンを長押しして、ペアリング状態にします。
    3. マスターAの左右の音量ボタンを赤いライトが点滅するまで長押しします。しばらく待ってください。インジケーターライトが点灯している場合は、HUBとのペアリングが成功していることを意味します。
    4. ペアリングを待つ間、青いライトが点滅するまでハブの左ボタンを長押しします。次に、D、E、Fリモコンの電源を入れ、リモコンの左右にある2つの音量キーを押したままにして、HUBの左側にあるホストモジュールとペアリングします(3つのインジケーターライトがすべてオンになっています)
    5. ペアリングを待つ間、青いライトが点滅するまでハブの右ボタンを長押しします。次に、G、H、およびIリモコンの電源を順番にオンにしてから、スレーブの左右にある2つの音量キーを押したままにして、HUBの右側にあるマスターモジュールとペアリングします(3つのインジケーターライトはすべてオン)

    これがビデオです。



    利用シーン

    x