Autel EVO Max 4T

Autel EVO Max 4T

通常価格
¥1,155,000
販売価格
¥1,155,000
通常価格
¥981,750
売り切れ
単価
あたり 
税込

概要

  • IP43
  • 4in1カメラ(ズーム/ワイド/赤外線/距離計)
  • ホットスワップ
  • GPS非受信環境下でのナビゲーション



  • 死角なし
    混線防止 干渉防止



    産業ドローンを牽引する

    EVO Max 4Tは、最新のテクノロジーと高度な自律性をユーザーにもたらします。 複雑な環境を検知してリアルタイムの3D飛行経路を作成し、高度な障害物回避を実現します。 高感度センサーにより、GPSが利用できないエリアでの飛行が可能になり、産業に特化したペイロードにより、新しいオブジェクトの識別と追跡のシナリオが解き放たれます。 折りたたみ式の耐候性デザインを備えたEVO Max 4Tは、持ち運びに便利です。



    自律経路探索

    Autelの自律エンジンは、周囲の環境データを収集し、山、森林、建物などの複雑な環境を通る3D飛行経路を計画します。ユースケースには、迅速な3Dシーンの構築,公安の監視、点検や測量などがあります。

    非GPS環境でのナビゲーション

    高度なセンサーにより、EVO Max 4Tは、建築物内、地下、またはGPSのない環境をナビゲートできます。

    正確なオブジェクトの識別と追跡

    AutelのAI認識技術に基づいて、EVO Max 4Tは、 熱源、移動する人、車両 などのさまざまなタイプのターゲットを自動的に識別してロックし、追跡とデータ収集業務を実行いたします。



    死角なし

    究極の障害物回避

    EVO Max 4Tは、従来のデュアルビジュアルシステム(SLAM)とミリ波レーダー技術を組み合わせた唯一の商用ドローンです。これにより 、EVO Max 4Tに搭載されているAutel Autono-my Engineは、1.27センチまでの物体を検知し、死角を排除し、暗い場所や雨の多い場所での操作を可能にします。

    *障害物回避の性能は、ドローンの速度、照明、飛行条件によって異なり、注意して操縦することを前提にパイロットの責任に代わるものではありません。



    アンチ混線, アンチ干渉

    EVO Max 4Tは、RFI、EMI、 およびGPSスプーフィングに対抗するために特別に設計された高度なフライト制御モジュールとアルゴリズムを使用しています。 これにより、EVO Max 4Tは、電力線、重要な構造物の近く、および複雑なエリアでの混線や干渉に臆することなく飛行できます。
    *RFI=電波干渉 EMI=電磁波干渉




    保護等級

    IP43



    飛行性能

    EVO Max 4Tは、パワフルなプラットフォームと全天候型デザインを小型に実現。

    42分

    IP43

    約7,000m

    最大飛行時間 保護等級 運用限界高度

    約20km

    45mph*

    画像伝送範囲 最大風圧抵抗

    *離陸と着陸は、最大 27 mph (12 m/s) の風速に耐えることができます。




    A-Mesh 1.0 - ドローン業界初のメッシュ ネットワーキング テクノロジー

    EVO Max 4Tは、新しいAメッシュシステムを搭載し、ドローン間の自律的な通信、接続、コラボレーションを可能にします。

    強力な干渉防止

    EVO Max 4Tは、従来のチェーン構造とは異なり、近くにいる他のドローンと シームレスに通信できます。 1台のドローンが故障したり、予期せず 終了したりした場合、システム全体が独立して自己組織化し、重要な情報を中継し続けます。

    目視を超えた アプリケーション

    A-Meshを使用すると、近くにいる 複数の航空機が中継点 として機能し、BVLOSの運用効率を大幅に向上させることができます。

    フルフリート 制御

    複数のドローンは、1人のパイロットまたはLTEカバレッジの有無にかかわらず パイロットの グループによって同時に自律的に制御できます。

    範囲拡張

    通信ノードを丘や谷エリアを完全にカバーし、ドローンの群れがモバイル通信ポイントを提供してグループ 全体で作業エリアを拡大したりできます。



    Autel SkyLink 3.0

    EVO Max 4T SkyLink 3.0システムには、6つのアンテナ、 4つの周波数帯域、AES-256暗号化*、およびオプションの4G統合*が付属しており、EVO史上 最も高度なフライト機能をユーザーに提供します。

    約20km

    <150ms

    1080p/60fps

    900MHz/2.4GHz/5.2GHz/5.8GHz**

    画像伝送範囲 低遅延 高画質リアルタイム伝送 対応周波数帯

    ※この機能は今後のアップデートで対応予定です。

    **5.2GHz は、FCC、CE、および UKCA 地域にのみ適用されます。900MHz は FCC 地域にのみ適用されます。






    あらゆる産業用途に適応したペイロード

    ペイロードは、広角、ズーム、サーマルカメラと レーザー距離計を統合しており、すべてのデータ キャプチャのニーズと重要な意思決定 に対応します。

    50MP

    48MP

    8K 10倍

    160倍

    640×512

    ワイドカメラ ズームカメラ 光学ズーム 最大ハイブリッドズーム 熱分解能

    ワイドカメラ

    50MP
    1/1.28インチCMOS
    絞り: f/1.9
    FOV: 85°
    焦点距離:23mm

    ズームカメラ

    48MP
    8K 10倍光学ズーム
    最大160倍 ハイブリッドズーム
    絞り: f/2.8-f/4.8

    サーマルカメラ

    640×512
    絞り: 13mm
    16倍デジタルズーム
    温度測定
    温度測定範囲:-20℃~550℃

    レーザー距離計

    測定範囲:5~1200m
    測定精度:+1m




    ズームカメラ

    8K 10倍光学ズーム、最大160倍に対応。最大 1.24 マイル離れたターゲットの鮮明な詳細を表示するハイブリッド ズーム。


    ワイドカメラ

    ムーンライト アゴリズム 2.0 は後処理を強化し、パイロットは低照度環境で鮮明で詳細な画像をキャプチャできます。ビデオ: 4K 30fps、最大 ISO 64000 をサポート。写真: ムーンライトモードはノイズを低減し、HDR を強化します。



    サーマルカメラ

    640*512の高解像度赤外線カメラ、30fps、16倍デジタルズームを搭載。



    レーザー距離計

    ターゲットをタップして、最大 0.75 マイル離れた場所から座標と高度をすばやく取得します。



    Autel Enterprise アプリ プラットフォーム

    Autel Enterprise アプリ は、産業用アプリケーション向けにゼロから構築 されており、シンプルで効率的な操作のためのまったく新しいインターフェイスを備えています。追加機能と 半自律モードにより、EVO Max 4Tのミッション能力が最大化されます。



    スマート機能

    3D マップの計画

    3D マップ上で 3D ウェイポイント ミッション プランを計画、作成、実行します。

    クイックミッション*

    一時的なクイックミッションは、他のミッションを実行しながら作成でき、柔軟性を高めるために複数のサブミッションを 積み重ねることができます。

    ミッションの再現*

    この機能 を有効にすると、手動または半自律ミッション、または複数のミッションをつなぎ合わせることができます。 EVO Max 4Tは、カメラアングルを自動的に記録し、飛行したばかりのミッションを再現します。

    ※この機能は今後のアップデートで対応予定です。



    複数のミッションタイプ

    エンタープライズ アプリは、公共の安全、検査、測量のためのさまざまな自律的および半自律的なミッション計画を提供します。

    ※この機能は今後のアップデートで対応予定です。

    地形フォロー

    起伏のある地形や傾斜した地形では、地面から一定の高度を維持してミッションを遂行します。

    長方形ミッション

    長方形のフライトエリアのワンクリック自動生成に対応。

    自動ミッション生成とデータキャプチャ*

    ドットを介して地域境界ポイントを追加するか、KMLファイルをインポートすることにより、ルートを自動的に生成します。

    ウェイポイントミッション

    ユーザーは、柔軟で構造化されていない飛行経路のウェイポイントを追加できます。

    オブリーク撮影

    ユーザーが設定した飛行エリアに応じて、5グループのルート(1 つのオルソ + 4方向の斜面データ)を自動的に計画します。

    スパイラルミッション*

    SARの指定された領域でのヘリカル検索をサポートします。

    垂直スキャン*

    建物のファサード、オープンビットの壁、およびタワーの垂直測量を実行します。

    回廊ミッション*

    道路、河川、パイプライン、送電線、その他の狭くて大規模な地形の直感的で効果的な回廊ミッション計画をサポートします。

    ポリゴンミッション

    ポリゴンフライトエリアのワンクリック自動生成をサポートします。





    データセキュリティ

    プライバシー保護: フライト ログ、場所、アカウント情報など、ユーザーと航空機の情報に関するデータは、航空機からローカルにのみ物理的にアクセスできます。

    暗号化されたデータ ストレージ: 写真、ビデオ、フライト ログの AES-256 暗号化をサポートし、パスワードで保護されています。



    強化されたライブビュー

    マルチチャンネルプロジェクションスクリーン*

    RGB、赤外線、ナイトビジョン、広角画像の同時出力に対応。

    ARシーン*

    ADS-B によって検出された地理的位置データおよびその他の航空機の位置情報は、リアルタイム マップ上に重ねることができます。これは、ユーザーがドローンの位置を確認し、空中リスクを回避するのに便利です。

    ※この機能は今後のアップデートで対応予定です。



    Autel SDK

    Autel SDKは世界にオープンし、開発者とパートナーがソフトウェアとハードウェア両方で新しい業界エコシステムを共同で作成するのに役立ちます。また開発コストを抑えることを役立ちます。

    モバイル SDK

    UX SDKを開く(iOS&アンドロイド)、既製のインタラクティブインターフェースを直接呼び出すことができます。

    ペイロード SDK*

    統一されたインターフェース規格は、マイクやガス検知器などのサードパーティ製マウントへのアクセスをサポートしています。

    クラウド SDK*

    サードパーティのプラットフォームまたはウェブページを介したドローンとNestのリモートライブブロードキャストと制御を可能にします。



    付属品

    Autel スマート コントローラー V3

    昼光でも読みやすいディスプレイ: 7.9 インチ、最大輝度 2000nit、解像度 2048*1536。
    SuperDownload: ドローンからモバイル デバイスに映像を最大 20MB/s の速度でダウンロードします。
    機能的なインターフェイス: HDMI ポートにより、サードパーティのディスプレイやモニターに接続できます。
    非常に長いバッテリー寿命: 最大 4.5 時間の連続動作。空から2時間急速充電。
    ローカル ストレージ: 内蔵の 128G ストレージ スペースにより、サード パーティのアプリとミッション メディア ストレージを使用できます。


    ライブデッキ 2 (オプション)

    LTE接続を必要とせずに、状況認識と重要な意思決定を強化するために、運用中の他の人員にライブミッション情報をブロードキャストします。EVO Max 4T は Live Deck 2 と互換性があり、モニターへのマルチポート ストリーミングと複数のローカル スマートフォンの Wi-Fi サポートを提供します。


    RTK モジュール (オプション)

    マッピング用にセンチメートル単位の精度の測位データを提供し、重要な構造物の近くを飛行する際の電磁干渉を低減します。



    応用






    SPEC

    機体

    重さ 3.5 ポンド (1600g、バッテリーとジンバルを含む)
    最大離陸重量 4.41 ポンド (1999 グラム)
    寸法 576*660*149 mm (折りたたみ時、プロペラを含む)
    340*407*148 mm (折りたたみ時、プロペラを除く)
    257*136*133 mm (展開時、プロペラを除く)
    対角線長 1.52フィート(464mm)
    最大上昇速度 8m/s
    最大降下速度 6m/s
    最大飛行速度(海抜ゼロ地点、無風) 23m/s
    運用限界高度(海抜) 23000フィート(7000m)
    最大飛行時間 (無風) 42分
    最大ホバリング時間 (無風) 38分
    最大風圧抵抗 27mph*
    *離陸と着陸は、最大 27 mph (12 m/s) の風速に耐えることができます。
    保護等級 IP43
    最大傾斜角 35°
    最大角速度 ピッチ: 300°/s; ヨー: 120°/秒
    動作環境温度 -20℃ ~ 50℃
    動作周波数 2.4G/5.2G*/5.8G/900MHz*
    GNSS GPS+Galileo+BeiDou+GLONASS
    伝送電力 (EIRP) 2.4GHz:<33dBm(FCC)、<20dBm(CE/SRRC/MIC)
    5.8GHz:<33dBm(FCC)、<30dBm(SRRC)、<14dBm(CE)
    5.15-5.25GHz: <23dBm(FCC/SRRC/ MIC)
    5.25-5.35GHz:<30dBm(FCC)、<23dBm(SRRC/MIC)
    ホバリング精度 垂直:
    ±0.1 m (ビジョンシステム有効);
    ±0.3 m (GPS 有効);
    ±0.15 m (RTK 有効);

    水平:
    ±0.15 m (ビジョンシステム有効);
    ±0.3 m (GPS 有効);
    ±0.1 m (RTK 有効);

    ジンバル

    機械的可動範囲 パン: -135° ~ 45°
    チルト: -45° ~ 45°
    ロール: -45° ~ 45°
    操作可能範囲 -90°~30°
    安定化機構 3 軸メカニカル ジンバル (パン、チルト、ロール)
    最大制御速度(ピッチ) 200º/秒
    角度ぶれ範囲 <0.005°

    ズームカメラ (望遠)

    センサー 1/2型CMOS、有効画素数:48M
    レンズ 焦点距離: 11.8-43.3mm (35mm、換算: 64-234mm)
    絞り: f/2.8-f/4.8
    露出補正 ±3EV 0.3EV/ステップ
    ISO範囲 通常モード:
    オート: ISO100 ~ ISO6400

    マニュアル:
    写真: ISO100 ~ ISO12800
    動画: ISO100 ~ ISO6400
    シャッター速度 写真:8秒~1/8000秒
    動画:1秒~1 /8000秒
    最大静止画サイズ 8000×6000
    動画解像度 7680×4320

    ワイドカメラ

    センサー 1/1.28CMOS、有効画素数:50M
    レンズ DFOV: 85°
    焦点距離: 4.5 mm (換算: 23 mm)
    絞り: f/1.9
    AF モーター: 8 ワイヤ SMA、PDAF フォーカス
    露出補正 ±3EV 0.3EV/ステップ
    ISO範囲 オート:
    写真:ISO100~ISO6400
    動画:ISO100~ISO64000(夜景モード:ISO64000まで)

    マニュアル:
    写真:ISO100~ISO12800
    動画:ISO100~ISO6400
    シャッター速度 写真:8秒~1/8000秒
    動画:1秒~1 /8000秒
    動画解像度 3840×2160
    静止画サイズ 8192*6144
    4096*3072

    サーマルカメラ

    サーマル撮像素子 非冷却型 Vox マイクロボロメーター
    レンズ DFOV: 64°
    絞り: 13mm
    フォーカス: f/1.2
    赤外線温度測定の精度 26.6~37.4 ℉ または読み取り値 ±3% (大きい方の値を使用)
    @周囲温度 -4°F から 140°F
    動画解像度 640*512
    静止画サイズ 640*512
    画素ピッチ 12um
    温度測定方法 センター測定、ポット測定、長方形測定
    温度測定範囲 -4℉~302℉、32℉~1022℉ (-20°C~150°C、0~550°C)
    温度アラート 高温と低温のアラームしきい値、座標と温度値の報告

    レーザー距離計

    測定精度 ±3.3ft (1m)
    測定範囲 3937フィート (1200m)

    画像伝送

    動作周波数 2.4G/5.2G*/5.8G/900MHz*
    *5.2GHz は、FCC、CE、および UKCA 地域にのみ適用されます。900MHz は FCC 地域にのみ適用されます。
    最大伝送距離(障害物、電波干渉のない場合) 12.4マイル/20km (FCC)、4.9マイル/8km (CE)
    独立したネットワーキング Autel スマート コントローラー V3
    伝送電力 (EIRP) 2.4GHz:<33dBm(FCC), <20dBm(CE/SRRC/MIC)
    5.8GHz:<33dBm(FCC), <30dBm(SRRC), <14dBm(CE)
    5.15-5.25GHz: <23dBm(FCC/SRRC/ MIC)
    5.25-5.35GHz:<30dBm(FCC)、<23dBm(SRRC/MIC)

    自律性

    非 GPS ホバリングと手動飛行 屋内: 水平誤差 ≤1.18 インチ (少なくとも一方向にテクスチャがある)

    屋外:
    昼間: 飛行高度 1640 フィート (500 m) 以内、水平誤差 < 0.01*高さ
    夜間: 手動飛行は飛行高度 328 フィート (100 m) 以内で制御可能
    非 GPS リターン トゥ ホーム 飛行高度 1640ft (500m) 以内、Return-to-Home ポイントの水平誤差 < 11.81in
    自動障害物再ルーティング 高速障害物再ルーティング: 最小時 45mph (20m/s) までの飛行速度。障害物までの安全距離は 4.9 フィート (1.5 m) です。
    障害物までの安全距離は 1.64 フィート (0.5 m)
    マルチターゲットの認識と追跡 ターゲットの識別タイプ: 人、車両、ボート
    検出されたターゲットの数: 64
    包括的な認識精度: > 85%

    ミリ波レーダーセンシングシステム

    周波数 60Ghz~64Ghz*
    *安全に飛行し、現地の法律や規制に従ってください。
    サイズ 1.5*0.55*0.08 インチ (38*14*2mm) (長さ*幅*高さ)
    重さ 0.07オンス (2g)
    EIRP 18dBm
    感知範囲 上向き: 5.9~787.4in (0.15~20m)
    下向き: 3.9~4724.4in(0.1~120m) 前後
    (標準/快適): 0.82~98.43ft (0.25~30m) 前後
    (Ludicrous): 1.64~196.85フィート (0.5~60m)
    視界 水平(6dB):±60°,垂直(6dB):±30°
    速度測定範囲 ± 134mph (60m/s)
    速度測定精度 ≤1%
    最大ターゲット検出数 32

    視覚センシングシステム

    障害物検知範囲 前/上/下/後/横: 0.2~50m
    視界 前方/後方/側方: 60°(H)、80°(V)
    上方/下方: 360°(H)、190°(V)

    Autel スマート コントローラー V3

    画面 7.9インチ
    最大2000nitsの明るさ
    解像度2048*1536
    外部バッテリー 容量: 5800mAh
    電圧: 11.55V
    バッテリータイプ:リチウムイオン
    エネルギー: 67Wh 充電
    時間: 120分
    インテリジェントリチウムイオンバッテリー
    稼働時間 3 時間 (最大輝度)
    4.5 時間 (50% 輝度)
    最大伝送距離 (干渉あり) 12.4マイル/20km (FCC)、4.9マイル/8km (CE)
    保護等級 IP43
    ストレージ 128GB
    GNSS GPS+GLONASS+Galileo+Beidou+NavIC+QZSS
    動作環境温度 -4°F ~ 104°F (-20℃ ~ 40℃)
    Wi-Fi プロトコル WiFi Direct、Wi-Fi ディスプレイ、802.11a/b/g/n/ac
    2 x 2 MIMO Wi-Fi をサポート
    動作周波数 2.400~2.4835GHz;
    5.150~5.250GHz;
    5.725~5.850GHz
    伝送電力 (EIRP) 2.400 - 2.4835 GHz FCC/CE:≦20dBm
    5.150 - 5.250GHz FCC:≦17dBm 5.725
    - 5.850 GHz FCC:≦17dBm
    CE:≦14dBm

    機体バッテリー

    容量 8070mAh
    電圧 14.88V
    電池のタイプ リポ4S
    電力量 120Wh
    正味重量 1.15 ポンド (520g)
    充電温度範囲 41° F ~ 113° F (5°C ~ 45°C) 温度が 10° C (50° F) を下回ると、自己発熱機能が自動的に有効になります。
    低温で充電すると、バッテリーの寿命が短くなる場合があります。
    ホットスワップ サポート



    EVO Max 4T よくある質問

    デバイスの使用を開始するために必要なものがすべてここにあります。

    機体

    EVO Max 4T は夜間障害物回避と水面障害物回避を可能にしますか? はい、機体に搭載されたミリ波レーダーにより、夜間障害物回避と水面障害物回避を実現しています。
    EVO Max 4T ミリ波レーダーの 4D モードと 3D モードの違いは何ですか? 4D モードでは、レーダーは距離、速度、ヨー角、ピッチ角の 4 つのセクションから物体を検出でき、速度範囲は ± 60m/s です。3D モードでは、レーダーは距離、速度、ヨー角度の 3 つのセクションから物体を検出でき、速度の範囲は ± 28m/s です。
    EVO Max 4T は防塵・防水機能を備えていますか? はい、EVO Max 4T は IP43 等級です。
    SkyLink 2.0 と比較して、SkyLink 3.0 のアップデートは何ですか? 伝送範囲がさらに 20 キロメートルに拡大され、より多くの周波数帯域がサポートされ (2.4/5.2/5.8Ghz/900Mhz)、RF 干渉に対する耐性が向上しました。
    EVO Max 4T の最大飛行時間は? 最大飛行時間は 42 分です (ペイロードなし)。

    送信機

    拡張ストレージは? 内蔵ストレージは128GBですが、外付けSDカード拡張ストレージには対応していません。
    送信機はHDMI出力に対応していますか? はい。
    動作時間は? 約3時間(最大輝度)
    約4.5時間(輝度50%)
    充電時間は? 約2時間。
    そのアンテナの向きは? アンテナの平らで広い面を機体に合わせます。
    送信機は何周波数まで対応していますか? 902-928MHz (FCC)
    2.400~2.4835GHz
    5.150 - 5.250GHz (FCC、CE、UKCA)
    5.725-5.850GHz (日本以外)
    5.650~5.755GHz(日本のみ)
    *動作周波数は国やモデルによって異なります。
    送信機と機体間の送信範囲は? 干渉のない開放的な環境では、伝送範囲は 12.4 マイル/20 km FCC、4.3 マイル/7 km CE です。
    リモートコントローラーにはいくつのインターフェイスがありますか? 送信機上部には、外部デバイスの接続または充電用に Type-C が 1 つ、HDMI が 1 つ、USB-A が 1 つ搭載されています。
    送信機にカスタムボタンはありますか? 上部にカスタマイズ可能な 2 つのボタンを備えた設計のリモコンで、APP を介してカスタマイズされた機能を設定できるため、ドローンの迅速な制御を実現できます。
    EVO Max 4T にはどの送信機が標準装備されていますか? EVO Max 4T には、Autel Smart Controller V3 が標準装備されています。Autel Smart Controller V3 は、解像度 2048x1536、最大輝度 2000nit のオリジナル カラー ディスプレイを備えた 7.9 インチ Retina タッチ スクリーンを備えており、これは通常のモバイル デバイスの 4 倍です。

    ペイロード

    EVO Max 4T の温度測定精度に影響を与える要因は何ですか? 1.大気の影響:大気の温度と湿度が高いほど、温度測定の誤差が大きくなります。
    2.カメラと測定対象物との距離:距離が遠いほど、温度測定誤差が大きくなります。
    3. 対象物の放射率と背景温度: 測定対象物の表面放射率が低い場合、背景温度が高いと、温度測定誤差が大きくなります。
    EVO Max 4T は温度測定をサポートしていますか? はい、温度解析ツールIR PC TOOLを搭載しています。
    カメラが対応している撮影フォーマットは? 写真形式: JPG/HELF/IRG
    ビデオ形式: MOV/MP4
    EVO Max 4T ペイロードにはどのセンサーが付属していますか? 広角カメラ、ズーム カメラ、赤外線カメラ、レーザー距離計。
    ペイロードは交換できますか? モジュラー設計により、ペイロードの交換が可能です。

    バッテリー

    バッテリーは飛行機に持ち込めますか? バッテリー容量は120Whで、航空会社の要件によりチェックできない間も持ち運ぶことができます。
    バッテリーの自己発熱はどのように機能しますか? バッテリーを機体に挿入して起動した後、バッテリーの温度が 10°C を下回ると、バッテリーの自己発熱がトリガーされ、機体が離陸すると自動的に無効になります。バッテリー温度が-10℃以下の場合、機体は離陸できませんのでご注意ください。自己発熱が完了したら、機体を操作することをお勧めします。
    バッテリーの自己放電はどのように機能しますか? バッテリーが高温で保管されたり、バッテリー レベルが高い状態で 6 日間使用されなかったりすると、自己放電がアクティブになり、バッテリーを安全なレベルまで自動的に放電します。これはデフォルト設定で、排出プロセスには 2 ~ 3 日かかります。バッテリ インジケータがなく、自己放電プロセス中にバッテリがわずかに熱くなるのは正常です。
    単一のバッテリーの容量とエネルギーは? 容量は8070mAhでエネルギーは120Wh。

    ソフトウェア

    どのソフトウェアがサポートされていますか? 現在、Autel Enterprise のみ。

    応用

    どのような業界に適用できますか? 警察活動、電力検査、緊急救助、建設検査などの多くの分野で使用でき、日常業務でのデータ収集を満足させ、タスクを安定的かつ効率的に完了します。
    x