【MATRICE 300 RTK】ファームウェア更新のお知らせ(2022/5/11)

最終更新日:2022/05/12

最新バージョン:
リリース日:2022.05.11
機体ファームウェア:v04.00.01.11
送信機ファームウェア:v04.00.01.10
DJI Pilotアプリ(アンドロイド):v4.0.1.14
D-RTK 2 モバイルステーション:: v03.01.00.00 (D-RTK 2 Mobile Station: v03.01.00.00)
インテリジェント バッテリーステーション:v04.00.01.02
インテリジェント フライトバッテリー:v01.02.05.43
Zenmuse H20/H20T:v04.00.00.10
Zenmuse H20N:V04.00.02.00
Zenmuse P1:v03.00.01.04
Zenmuse L1:v04.00.01.06
Zenmuse Z30:v01.00.07.10
Zenmuse XT2:v01.00.03.50
Zenmuse XT S:v01.00.00.09
DJI X-Port:v01.03.02.00
DJI Skyport:v01.04.00.00
DJI Skyport V2:v01.03.02.00
DJI Assistant 2 (Enterprise シリーズ):v2.1.3

ファームウェアアップデート方法:
機体、送信機:DJI Assistant 2 / アプリ
Zenmuse H20 / H20T:microSD card / DJI Assistant 2 / アプリ
D-RTK 2 モバイルステーション:DJI Assistant 2
内蔵 DJI Pilot アプリ:送信機と同時にアップデートされます
インテリジェント バッテリーステーション:アプリ
※バッテリーステーションと送信機を接続し、DJI Pilot アプリのHMSページからアップデートを行ってください。

更新内容:
・DJI Pilot 2アプリに対応し、フライトの安全性とタスクの効率性を向上
①ホーム画面をアップグレードし、GEO Zoneマップ、アルバム、端末の健康状態の閲覧に対応しました。
アンロックライセンス、クラウドサービス、フライトルートのタスク管理に対応しました。

②カメラビューをアップグレードし、機体やカメラのクイックコントロールに対応したほか、タスク情報や飛行状況をわかりやすく表示する機能を追加しました。

③ピンポイントと航空機の距離に応じてピンポイントのサイズを調整し、ホームポイントとピンポイントの位置を示すアイコンを表示できるように対応しました。

④警告メッセージを正確かつタイムリーに表示し、警告履歴を素早く確認できるようにしました。

⑤5Dボタンによるピンポイントの管理、追加、削除、選択、表示、マップビューでのラインとエリアの追加をサポートしました。

・DJI FlightHub 2に対応
①Zenmuse H20シリーズでクラウドライブストリームに対応しました。

②DJI Pilot 2とDJI FlightHub 2で、ポイント、ライン、エリアを同時に表示する機能を追加しました。

③DJI Pilot 2からのメディアファイルのリアルタイムアップロード、写真やパノラマの表示、DJI FlightHub 2でのメディアファイルの管理をサポートしました。

④Zenmuse H20シリーズで可視光と赤外線のクラウドマッピングをサポートし、DJI Pilot 2とDJI FlightHub 2の両方でマッピングデータを確認できるようになりました。

⑤DJI Pilot 2とDJI FlightHub 2の両方で、クラウドフライトルートの作成とルート管理をサポートするようにしました。

・DJI Zenmuse H20Nに対応

・バッテリーステーションで上下にペアリングされたバッテリーを優先的に充電するように対応

・確認ボタンを押しながら右ダイヤルをスクロールすることで、カメラのズームに対応

・1.3倍ズーム以上のH20シリーズカメラに対応

・飛行中のLive Mission Recordingデータの保存に対応(注:AI Spot-Checkが有効な場合。着陸後に写真をダウンロードする必要があります。)

・飛行中のカメラビューで、飛行タスクの一時停止や再開が可能

・サードパーティ製カメラのパラメータをカスタマイズできる機能を追加

・写真や動画はウェイポイント名に合わせて命名される

・フライトルートの説明の最適化

修正点:
・フライトバッテリー(v01.02.05.40)のLED1、2、LED3、4が交互に点滅して充電できないことがある。
バッテリーステーションのTB60バッテリーステータスインジケーターが黄色に点滅し、バッテリーが充電されていないことをユーザーに知らせる。

・デフォルトの警告距離が、障害物感知設定の制動距離より小さい範囲を設定した場合。

・機体の電源を入れ、レーダーモジュールを取り外すと、離陸後に誤報を発信する。

・ミッションフライトを使用した際に、1つの飛行ルートが外れること。

注意事項:
・現在のバージョンは、DJI FlightHub 2を体験するためにアップデートされています。
DJI FlightHub 2は、Matrice 300 RTK、Zenmuse H20シリーズ、DJI Pilot 2 Open Betaと一緒に使用してください。
Zenmuse P1、Zenmuse L1との併用は推奨しません。

・Custom Network RTKを使用するユーザーは、機体のファームウェアをv01.00.02.14以降にアップデートする必要があります。

・ファームウェアを更新すると、機体をv01.00.02.11以前のファームウェアに戻すことはできません。

・機体、リモートコントローラ、バッテリー、D-RTK 2モバイルステーション(使用する場合)、ペイロード(使用する場合)が最新のファームウェアにアップデートされていることを確認してください。

・Zenmuse Z30、XT S、XT2、P1をアップデートするために、公式サイトから最新のファームウェアをmicroSDカードにダウンロードしてください。

・オフラインアップデートを使用するには、DJI Pilotアプリをv3.0.1.4以降にアップデートする必要があります。

コメントを残す

x